◇【新刊のお知らせ】SB新書から『下流中年 一億総貧困化の行方』という中高年層の貧困化について取りあげた本を出しました。雨宮処凛さん、萱野稔人さんなど6人での共著です(2016年4月6日)

2016年4月27日水曜日

4月29日、都内で熊本地震の被災と支援の情報共有会をやります!

避難所のマンガ図書館は5月の学校再開まで稼働する予定


4月29日に、緊急で、熊本市内で避難所の支援を行っている方をお招きし、被災地のリアルを知るためのイベントを赤坂見附で行います。

GW初日ですが、お時間ある方は、足をお運びいただけるとうれしいです。熊本のお酒を集めてお待ちしております。

イベントのディレクションは、ソーシャルメディアコンサルタントでMeetupコミュニティマネージャーの市川裕康さん。私は「聞き手」として加わります。

お話を伺う相手は、熊本在住の元教員/元産経新聞記者で、日頃から地元でコミュニティづくりに取り組んでいる株式会社クマベイス田中森士さん(@kumabase_tanakaです。

子どもたちのために避難所にマンガ図書館を設置するなどの活動をしている田中さんは、今回、大変お忙しいなか、生の声を伝えるために東京にお越し下さいます。
参考:「くまもと 避難所の小学校にマンガ図書館ができる」(4/22 NHKやさしい日本語ニュース)

実際、現地の被害・被災はどんな案配なの? 東京から支援できそうなことってあるの? などのもやもやを考えていく上で、参考になる情報共有ができればと思っております。もちろん、未災地にいる身として身の回りの防災を再考するきっかけにも。

会場は、赤坂見附の「トレジオン(=三陸って意味!)」で、「くまもと&おおいたDAY!~for つながり大作戦」イベントとのコラボです。(つながり大作戦は、たすけあいジャパン主催の、あの「きっかけバス47」というとんでもなくでっかい学生プロジェクトを引き継いだプロジェクト)

お申し込みは下記枠内のMeetupリンク先から、または、私あてのDMでもOKです。

東京デジタル・キュレーションMeetup
災害時における情報収集と情報発信:熊本­地震・緊急報告会〜熊本地震で求められて­いる支援とは

開催日時:2016年4月29日 イベントのコアタイムは17時〜19時(店は15時〜23時までオープン)
会場:TREGION Hamayaki-Bal(東京・赤坂見附)

2016年4月6日水曜日

【新刊のお知らせ】『下流中年 一億総貧困化の行方』(SB新書)

下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

SB新書から、働く世代の下流化の問題について取りあげた本を出しました。

紙の書籍だけでなく、Kindle版もあります。

6人での共著の体裁ですが、雨宮さんと萱野さんは対談ですので、実質的には赤木さん、阿部さん、池上さん、私の4人の執筆によるものです。私はルポの部分を担当しました。

この企画は、SBクリエイティブの学芸書籍編集部のみなさんが感じておられた課題意識からスタートしていて、わりと緊急的に作った本です。

子どもや高齢者など、弱者世代や属性に紐付いた「下流化」についての論考や議論は、支援者や研究者、メディアの頑張りにより、ずいぶんと盛んになってきたように感じています。

そうしたものを見聞きするたびに、私がとても気になっていたのは、そうした子どもや高齢者を支えるはずの、働く世代の下流化についてです。私自身がその世代です。

そんなこともあって、今回の執筆は、当事者意識の強いなかでの参加となりました。

実は、発売日は、企画当初の予定から半年近く伸びました。

それは、私だけでなく、出版にかかわった人たちの当事者性によるもの、伝えたい危機意識が強くあったからのように感じています。それだけ、メッセージ性の強い内容となっています。

働く世代の下流化の問題は、もはや新しい議論ではないように思います。でも、どうしても置き去りにしないで欲しいことなのです。

引き続き、構造分析的な議論も含めて、もっともっと発掘しながらこの問題に取り組んで行ければと思っています。

【レビュー】ひらくPCバッグminiは、完成形っていえるんじゃないかと思う

私の背中にちゃんと収まっているひらくPCバッグmini。
トラベルジャーナリストの寺田直子さんに撮影していただきました

2ヶ月前のある日、突然、大きめの箱が我が家に届きまして、「何も頼んでいないよ?」と不思議に思い伝票をのぞき込むと、ひらくPCバッグmiini(ブラウン)が送られてきていました。

というわけで、今回もモニターレビューです。普段だけでなく、6回の長距離移動(出張・旅)にもお供してくれました。

私にとってのひらくPCバッグの使用は、初代、改良版に続いて、3種類目です。(Evernoteバージョンだけ使ったことない)。

今回のminiを試着したときに、とにかく、幅が小さくなったことがうれしかった。これはもう、初代を使ったときから求めていた部分です。

これまでのひらPは、どんなに便利だなと思っていても、身幅からはみ出してしまう点が、ちょっとしたストレスでした。

電車で座るときには両脇にはみ出して邪魔だったし、人とすれ違うときに自分の目測を超えて人と擦れてしまうこともあったし、混雑したなかでは、気を遣ってしまう面が多々ありました。

物がかっちり収まってくれるのだけど、背中への収まりがイマイチだったんですよね。女性のユーザーさんはきっと同じように感じていた人が多いと思います。身体との一体感も含めて、本来の使用感とすべきなのだろうと思います。

今回、きっと男性用だからだよなと心の奥底で諦めていた部分が解消されて、本当にもう、素晴らしい。

それと、“たくさん入って取り出しやすい” という本来の長所もレベルアップしている気がします。

バッグのフタ部分の裏にあるメッシュポケットが、横長バージョンのひらPよりも、格段に使いやすい。

特に、折り返してすぐに手が届く浅い方のポケットは、イヤホンやライトニングケーブルなど、頻度の高いケーブル類の出し入れに、すごく便利。80ミリという浅さと、ポケットの位置が絶妙なのです。

私が普段、ひらP miniの中に入れている物は、

iPad、ActionPlanner(手帳)、モレスキン、ICレコーダ、CFケース、名刺入れ、外付けHDD、カードリーダー、ライトニングケーブル(15cm?)、イヤホン、マイク、ディスプレイケーブル、ペン7本、折りたたみ傘、ハンドタオル、化粧ポーチ、ハンドクリーム、ティッシュ、飴数個


という感じ。MacbookProは、両手を空け、荷物を一つにしたいときだけ入れるようにしています(身体のために)。

間仕切りを片面使いでポケットに
私なりの工夫ポイントは、ベルクロの仕切りを、間仕切りしにしないで、片面に付けてポケットのようにして使っている点かな。

白いICレコーダが収まっているところがその使い方です。

初代はあの美しいナイロンの生地がとても好きでした。もうあんな高級感のあるものは出ないのかな?

そして、改良版(2代目)も、片手でファスナーを閉められるようになって、「片手使いは正義だ!」って思いました。両脇の内ポケットも本当に欲しかった部分。

そして、今回のminiは、これまで使ってきてみて、女性の私でも一番ストレスなく使えるひらPシリーズであることがわかりました。

ひらくPCバッグは、miniの登場によって、完成されたって言えるんじゃないでしょうか。2ヶ月間、使ってみての実感です。